弁護士へ相談しよう

任意整理の手続きについて、司法(裁判所)等の公的機関を介さず交渉が行われます。債権者と多重債務者が、当事者同士で話し合い、債務を整理する方法を考える、任意の整理方法の為です。それ故に、自己破産に比べると手続きが少なくて良い為、短期間での交渉成立が可能です。

弁護士借金減額の交渉は、弁護士に代理人として依頼することをお勧めします。法律の専門家である弁護士に依頼することで、分かりにくい法律に絡む問題でも、本人の負担を考えて最適な提案をしてもらうことができる為です。裁判所の関与もなく、法廷に出る必要がないことも手続き上大きなメリットと言えるでしょう。

任意整理は、自己破産や民事再生のデメリットを避けながら、以前の返済額に比べ、実際の返済額を減額できるという特徴があります。スムーズな話し合いが行われる為にも、プロである弁護士に依頼されることをお勧めします。弁護士は豊富な経験と知識がありますので、あらゆるケースにおいても、債務者にとって最も良いとされる和解交渉や駆け引きを用いて、フォローやサポートをしてもらうことができます。弁護士と聞いて費用等について不安に感じる方もおられるかもしれませんが、まずは無料相談だけでもしてみると良いでしょう。