弁護士へ相談しよう

任意整理の手続きについて、司法(裁判所)等の公的機関を介さず交渉が行われます。債権者と多重債務者が、当事者同士で話し合い、債務を整理する方法を考える、任意の整理方法の為です。それ故に、自己破産に比べると手続きが少なくて良い為、短期間での交渉成立が可能です。

弁護士借金減額の交渉は、弁護士に代理人として依頼することをお勧めします。法律の専門家である弁護士に依頼することで、分かりにくい法律に絡む問題でも、本人の負担を考えて最適な提案をしてもらうことができる為です。裁判所の関与もなく、法廷に出る必要がないことも手続き上大きなメリットと言えるでしょう。

任意整理は、自己破産や民事再生のデメリットを避けながら、以前の返済額に比べ、実際の返済額を減額できるという特徴があります。スムーズな話し合いが行われる為にも、プロである弁護士に依頼されることをお勧めします。弁護士は豊富な経験と知識がありますので、あらゆるケースにおいても、債務者にとって最も良いとされる和解交渉や駆け引きを用いて、フォローやサポートをしてもらうことができます。弁護士と聞いて費用等について不安に感じる方もおられるかもしれませんが、まずは無料相談だけでもしてみると良いでしょう。

自己破産との違い

任意整理は、借金が無くなるという訳ではありません。借金の元金の返済を目的とした整理ですので、借金の返済は必要になります。ただし、返済が必要とはいえ、全額返済のままでは整理の意味がありませんので、減額を目指す形になります。具体的には、借り手と貸し手が交渉して、返済可能な範囲まで借金の減額が行われます

自己破産任意整理と自己破産との大きな違いについて、自己破産とは、財産の全てを放棄することで、借金をも手放す形となりますが、任意整理においては、財産を放棄する必要がないという点が挙げられます。「借金を全額放棄(全額返さない)の自己破産」と、「元金だけでも返す任意整理」と言えば分かりやすいかと思います。ここに大きな差があります。

自己破産をしてしまうと、その為に警備員や保険代理店等、就けなくなる職業が出てきてしまいます。また、自宅や生活に必要な財産まで全て債権者に持って行かれる、再度自己破産することが不可能になる等といったデメリットがあります。つまり、任意整理とは、自己破産のデメリットを回避する為の、借金の返済方法ということになります。後に、金融機関から再度借金が必要になった場合にも、自己破産と任意整理では対応が異なりますので、よく理解しておきましょう。

借金の任意整理とは

借金にお困りの方に、様々な解決法があることをご存知でしょうか。いくら毎月切り詰めて頑張って返済しても、借金の利息ばかりを返すだけで、元本が全く減る気配がない、そんな方には、借金を法的に減額する方法としての「任意整理」について理解を深め、ご自身の状況に合った対処法として活用することをお勧めします。

任意整理任意整理とは、なかなか聞き慣れない言葉ですが、裁判所を介さずに手続きなしでする借金の減額方法を意味しています。司法(裁判所)が関わらず、借金の債権者と多重債務者が、当事者同士(貸し手と借り手)の話し合いで、支払い可能な形へと解決を試みる為に、「任意」の整理と呼ばれます。もちろん、この整理とは借金の整理のことであり、借金を減額して、なんとか返済を可能できる状況を作り出せるように、話し合いが設けられます。

任意整理では、整理して減額した借金を、分割を利用して返済が可能になりますので、借り手の負担が軽減されるメリットがあります。あるいは、利息をカットしてもらう、毎月の返済額の減額、過払い金の払い戻し請求を行うこともあります。多重債務者が返済に困る理由には、何社にも渡って借金をし、毎月の支払額が大きく膨らんでしまうことにあります。現状の利息や返済額が大きな壁となり、毎月の返済が滞る場合、利息カットや返済額の減額をすることで、元金の返済のみを希望する人向けの返済方法になります。まずは理解する為にも、自己破産との違いや手続きの方法を紹介します。