自己破産との違い

任意整理は、借金が無くなるという訳ではありません。借金の元金の返済を目的とした整理ですので、借金の返済は必要になります。ただし、返済が必要とはいえ、全額返済のままでは整理の意味がありませんので、減額を目指す形になります。具体的には、借り手と貸し手が交渉して、返済可能な範囲まで借金の減額が行われます

自己破産任意整理と自己破産との大きな違いについて、自己破産とは、財産の全てを放棄することで、借金をも手放す形となりますが、任意整理においては、財産を放棄する必要がないという点が挙げられます。「借金を全額放棄(全額返さない)の自己破産」と、「元金だけでも返す任意整理」と言えば分かりやすいかと思います。ここに大きな差があります。

自己破産をしてしまうと、その為に警備員や保険代理店等、就けなくなる職業が出てきてしまいます。また、自宅や生活に必要な財産まで全て債権者に持って行かれる、再度自己破産することが不可能になる等といったデメリットがあります。つまり、任意整理とは、自己破産のデメリットを回避する為の、借金の返済方法ということになります。後に、金融機関から再度借金が必要になった場合にも、自己破産と任意整理では対応が異なりますので、よく理解しておきましょう。